今すぐお問い合わせ

第一建設の住まいづくり

住まいづくりトップへ戻る検査体制・アフターフォローSERVICE

第一建設独自の
サービス体制

3つのサービス体制は、家を購入されるお客様に最大限の安心と満足をしていただくため、第一建設が独自に取り組んでいるものです。「第一建設にして良かった」という感想をいただけるように、万全のサービス体制でしっかりとお客様を支えてまいります。

6つの厳しいチェックシステム 6 Check System

第一建設は、住まいの品質には最善の保証をしています。
基礎工事から入居後までの6段階をしっかりチェック!

基礎チェック
家を建てる上でとても重要な土台となる部分を、部材レベルから厳しくチェック。
上等チェック
上棟前と上棟後に正しく柱や梁が配置されているか、また強度は十分かをチェック。
中間チェック
家が完成すると見えなくなる部分、断熱材や構造上の部材の配置などをチェック。
竣工チェック
完成間近の状態から完成に至る期間、現場の人間と入居前チェックの前段階を行います。
入居前チェック
家の完成後、傷や不良など、新生活に支障がないように徹底的にすべての部分をチェックします。
入居後チェック
お客様が入居した後に、専門のスタッフが不具合の発生がないかをチェック。

コミュニティーサービススピリット Community Service Spirit

cssコミュニティー サービス スピリットとは、地域に人々に認知され、信頼される〈心に響く家づくり〉を創造するために、建物本体の10年保証制度をはじめ、公的融資、ローン下取りからアフターサービスまで、ハードからソフトにかけての万全のサービス制度を総称したものです。

JIO:日本住宅保証検査機構の厳しい検査を受けています

JIOは、各行程を厳しく検査し、なおかつ検査に合格しなければ次の工程に進めない、安心の住まいには欠かせない、公正で中立な第3者機関による住宅保証検査機構です。

検査.01地盤調査

まずは建設予定地で、地耐力が基準値を満たしているかどうかの地盤調査を行います。仮に基準を下回る結果が出た場合、地盤改良を施し、地耐力をしっかりと確保したのを確認し、次の基礎工事へと進めていきます。

検査.02配筋検査

基礎に図面の通り鉄筋が通っているかを検査します。鉄筋の太さや配置などが適正に行われているかどうかの厳しい検査の後、基礎コンクリートが固められ、安全で安心の住まいができあがるのです。

検査.03構造体検査

住まいを構成する土台や柱、関連部材などの材質・施工方法などの箇所について細かく検査。金具や柱などは図面通りに適正に配置、設置されているかどうかなど、一つ一つすべて検査されます。

検査.04外装下地検査

外部からの水の浸入を防ぐ「防水」に関する検査を外装下地検査といい、外壁の下地に防水処理が適切に、規定以上設けられているかなどを細かく検査します。

検査.05完了検査

いよいよ検査も大詰めです。雨水などからの外壁による防水処理がやバルコニーなどが設計図通りになっているかを検査します。これら数々の厳しい品質検査をクリアし、ようやく完了となります。

財団法人 住宅保証機構による住まいの安心サポート

一級建築士や住宅性能表示制度評価員など国家資格を持つ専門の検査員が、建築中に重要な部分について、保険の付保に必要な現場審査を行います。

point.1一戸建住宅は2回
(1)基礎配筋工事完了時 (2)屋根工事完了時
point.2共同住宅等は3回以上
(1)基礎配筋工事完了時 (2)中間階床配筋工事完了時 (3)屋根防水工事完了時
point.3増改築工事は2回
(1)基礎配筋工事完了時 (2)屋根工事完了時

第一ホームサービス Daiichi Home Service

cssあなたの住まいの基礎から完成までの全行程を管理・進行してきたベテランスタッフが、住宅のお引っ越し時点からこの住まいの専任アフター責任者として住宅機能のすべてを見守り続ける画期的なマンツーマンサービスシステムです。

住まいづくりトップ永住住宅へのこだわり検査体制・アフターフォロー家ができるまで建築家のご紹介壁紙・複合工法