よくあるご質問

よくあるご質問

ここでは、お客様よりいただくご質問の中でも、特に多い物をピックアップしてご紹介いたします。住宅ご購入の際の参考になれば幸いです。

マイホーム購入の際に、特に気を付けなければならないことはなんですか?
第一に物件の価格が最重要ポイントです。購入の際はもちろん、ご入居後のローンのことも考えなくてはなりません。ローンを組む場合は、毎月無理なく支払える価格をめどに物件を探しましょう。次に物件内部の間取りや、区画、周辺の環境もチェックしておきましょう。現在の住環境との変化も想定しながら、マイホームを購入後の生活の計画を立てると良いでしょう。
現地へ見学に行こうとも思うのですが、チェックポイントはどのような部分でしょうか?
現地見学の際は、区画の位置関係、日当たりや方角、接道状況を、モデルハウスの場合は、標準設備、建具関連など、お客様ご自身が触れてみたり、ご使用になるなどしてチェックすると良いでしょう。また、お疲れでなければ徒歩圏内で周辺を見て周るのも良いでしょう。周辺環境でご不明な点があれば、ご遠慮なく現地スタッフへお尋ねください。周辺にどのような施設があるかなどのチェックができます。
とても大きな買い物なので費用面が心配です。どんな費用が必要ですか?
まず仲介手数料は当社が売主なので必要ありません。この他に、銀行ローン、火災保険料、固定資産税、印紙代、都市計画税(日割り計算)などが必要です。購入時の状況により異なりますので、当社スタッフへお気軽にお尋ねください。
購入したい物件が決まりました。どれくらいの期間で入居できますか?
既に建築済みの新築住宅及び、中古物件に関しては手続きの関係によりほぼ1ヶ月ほどとお考えください(ローンを組む場合)。分譲用地を確保してからのご購入は、工事から竣工までの期間が含まれますので、約3ヶ月ほどかかります。
今住んでいる持ち家を売って、新居を購入したいのですが・・・。
新しい物件へ住み替えるにあたり、現在お住まいの物件を買取り、または下取りを承っております。適正な査定により、お客様と十分のご相談、ご納得いただいたうえで、物件の買取り、もしくは仲介販売をさせていただきます。詳しくは当社スタッフまでお気軽にお尋ねください。
諸費用はいくらぐらい必要ですか?
当社、新築物件の価格×4~7%必要になります。内訳:登記費用・印紙税・銀行諸費用等・仲介手数料は不要です。
頭金がなくても、購入は可能なのでしょうか?
当社提携の金融機関商品には諸費用まで100%借り入れができる商品がございますので、まずはお問い合わせください。
自営業は住宅ローンを組むのに不利だと聞きましたが・・・?
各金融機関によっては年収を公的証明書により判断しますので、過少申告されている方にとっては厳しい場合があります。しかし、実態を判断材料にする金融機関もございますので一度ご相談ください。
何歳までに完済すればいいの?
75歳~79歳11ヶ月です(金融機関による)。 ※最長50年間の融資を受けられます。
金利優遇はあるの?
金融機関や条件により最大0.5%~1.5%の優遇があります。
団体信用生命保険(団信)って何?
団体信用生命保険は生命保険の為、お借入ご本人が高度な障害・死亡された場合は、保険金が支払われることにより、その債務を弁済することができます。よって、家族の方がその債務を引き継ぐことはありません。万が一不幸にして被保険者が死亡したり、高度障害状態になった場合、その時点の債務残高に相当する死亡保険金が貸し手である債権者に支払われ、借入金がなくなります。この団信への加入は、銀行などの民間ローンの場合は強制加入となっており、保険料は金利の中から充当するため、別途準備する必要はありません。
査定は無料?
もちろん無料です。お電話などでお話をお聞かせください。その場で査定させていただきます。また、お部屋の中を拝見させてから調査することで、より正確な査定額を算出できます。
近所に知られずに売却することはできますか?
当社買取をすれば、極秘で売却できます。
売却額よりも、ローン残額の方が多い場合は?
購入するローンに売却損を組み入れるローンがあります。

ページトップへ戻る